事業案内

本社・山陽工場全景

自然に恵まれた兵庫県上郡町にて操業しております。

三興ペレックス肥料の特徴

厳選された天然有機質原料と無機質原料をバランス良く配合し、特殊製法(80℃以下の低温乾燥)により有機質の変質をきたすことなく、製品水分を3~5%にまで乾燥させています。一般的な市販の肥料の水分が10%以上であることを考慮すると、袋当り5%以上も量が多い計算になります。
また、工場内の分析室にて成分管理を実施しており、高品質を維持すると共に、独自の管理技術により、水分由来の劣化リスク(固結やカビなど)を最小限に抑えています

このように、弊社はペレット製造技術にこだわりを持って生産しており、昭和52年にペレックス®の商標登録を受けて以来、ペレット肥料の先駆けとして邁進しております。
分析室

ペレックス肥料について

配合された肥料がペレット状に成形されているため、成分は均一で分離もありません。臭いが少なく撒きやすい形状であり、機械施肥も可能です。施肥すると速やかに吸湿崩壊して肥効を表すと共に、各肥料成分が相乗効果を発揮し濃度障害を起こしにくいことも特徴の一つです。
ペレットの径には2.5mm、3.0mm、3.2mm、5.0mmの4種類の規格がございます。
2.5mm品
3.0mm品
3.2mm品
5.0mm品

ペレックス肥料と配合肥料の違い

ペレックス肥料と配合肥料の主な相違点は、原料を粉砕すること加湿して成形乾燥することの2点です。加湿方法によっては高温乾燥を必要とするもの、成形時に摩擦熱を出して高い温度になるものがあります。有機物中のたん白質は、ある温度を超えて高くなると変質して窒素の肥効が低くなることがあります。弊社の製法は、上記の通り高温による有機物の変質がないよう特に工夫され、また乾燥温度も80℃以下の低い温度ですからその心配はありません。

特性の違いをまとめると以下の表のようになります。