活用事例等

酵素でくさ~る:ニンジン根部腐熟試験

・使用量:3袋/10a 
・試験方法:ニンジンと裁断したモノを対象に、無処理区・酵素でくさ~る処理区・発酵菌B(他社製品)処理区・石灰窒素処理区に分け、1週間ごとに掘り返して比較を試みた。
・結果:酵素でくさ~る処理区は、3週間後にはニンジンの原型がほぼなく、4週間後には完全に分解されていた。分解速度順は 1.酵素でくさ~る 2.発酵菌B 3.石灰窒素 4.無処理 となった。
※クリックで拡大

酵素でくさ~る : ハウス栽培におけるコマツナ残渣残根処理

・使用量:3~4袋/10ha 
・使用方法:元肥として、そして連作の回転率を上昇させる目的で、収穫後に施用し圃場全体にすき込んだ。
・結果:処理区は残渣・残根の分解が早まり、5日目でほぼ見られなくなった。施用後15日目には 次作に移ることができ、無処理区に比べると5日間の短縮が実現された。結果、シーズン内の回転率が上がり、増収に繋がった。
※クリックで拡大

酵素でくさ~る : 水稲収穫後の稲わら処理

・使用量:3~4袋/10a 
・使用方法:稲わら処理作業の軽減・効率化と、発根不良・苗の活着不良・立ち枯れなどの問題への対策として稲刈り直後に施用、すき込みを行った。
・結果:約40日間で稲わらがほぼ分解され、次作の準備に早々に取り掛かることができた。また、稲わらを良好な状態で還元できたため、地力の向上に繋がり、次作で減肥することができた上に、田植え後の活着と根はりが改善された。
※クリックで拡大

酵素でくさ~る:秋まき小麦あとの水稲栽培試験

・使用量:4袋/10a
・試験方法:秋まき小麦を収穫後、酵素でくさ~るを施用し麦稈と共にすき込んだ。処理区と無処理区で麦稈の腐熟具合と水稲の根張り具合を比較した。
・結果:水稲に移る頃には、処理区では麦稈がほとんど分解されていた。定植後の根張り具合も、処理区の方が優れており、収量増に繋がった。
※クリックで拡大

酵素でくさ~る : ニラ栽培における太陽熱消毒の強化

・使用量:8~10袋/10a 
・使用方法:株腐菌核・白班葉枯病、そして野良生えが多発していたため、対策として収穫終了後に圃場全面に散布し耕転した。適度な水分を加え、ポリ・ビニールで被覆して一定期間置いた。
・結果:約2週間で残渣・残根の分解がほぼ完了し、それらに付着していた病原菌も大幅に減少したと見られる。通常の太陽熱消毒と比較しても、次作での病害再発率はかなり低くなった。また、野良生えの発生量も大きく減少した。
※クリックで拡大

酵素でくさ~る:緑肥類(エンバク・ソルゴー他)腐熟促進

・使用量:3~4袋/10a 
・使用方法:緑肥の腐熟を促進し、後作の発芽不良・苗の活着不良・立ち枯れ等を防ぐ目的で、緑肥をすき込む際に酵素でくさ~るを施用し、一緒にすき込んだ。約2週間後、4週間後に耕転を行った。
・結果:畝立て時にソルゴーは若干残っていたが、定植や苗活着に問題はなかった。
※クリックで拡大

酵素でくさ~る : 落葉果樹の病害軽減

・使用量:2~3袋/10a 
・使用方法:園内の一部に罹病落葉・落下被害果を集め、製品をふりかけロータリーで耕転をかけた。分解を促進するため、2週間後に再度耕転をかけた。
・結果:罹病した葉や実を早期に分解処理できたことで、次作の病害が大幅に改善された。
※クリックで拡大

酵素でくさ~る:イチゴ高設栽培 細根分解処理

・使用量:1.5袋/100坪ハウス
・使用方法:培地に広がった根を腐熟させるため、マルチ、ランナー、茎葉を取り除き、十分に灌水した後に酵素でくさ~るを散布した。表面を軽く撹拌し、古マルチビニールで被覆した。
・結果:約3週間で根は完全に分解されていた。残渣・残根を手で取り除くことなく全てをハウス内で処理できたため、作業性が改善された。
※クリックで拡大

酵素でくさ~る:クロルピクリンとの併用(ニンジン)

・使用量:3袋/10a
・使用方法:ニンジンを対象に、クロルピクリン処理と同時に酵素でくさ~るを施用し、クロルピクリンのみの処理区と比較した。
・結果:2週間後、4週間後に掘り起こしてみたところ、併用区の方が分解速度が速かった。同時に施用してもバチルス菌の活性は落ちず、分解能力は維持されていた。
※クリックで拡大

酵素でくさ~る:殺センチュウ剤との併用(キュウリ)

・使用量:2~3袋/100坪ハウス
・使用方法:キュウリ連作ハウスにおいて、根こぶセンチュウ対策として殺センチュウ剤と酵素でくさ~るを併用し、殺センチュウ剤のみの処理区と比較を行った。
・結果:殺センチュウ剤のみの区画ではまだ根こぶが見られたが、併用区ではほぼ無くなっていた。前作の残根分解を早めたことで、薬剤の効果も安定したものと思われる。
※クリックで拡大

スーパーコンポ:「堆肥」品質比較及び崩壊試験

1.製品品質比較
ア)分析値 ※当社分析室
名称  窒素  燐酸  加里  水分  硬度  pH  比重 ペレット直径
他社ペレット堆肥  1.27   3.05   3.28  28.91  7.32   8.2   0.55     8mm
スーパーコンポ  2.46   4.26  2.64  5.49  7.47  7.9  0.75    5mm

イ)原料

名称 家畜糞 おが屑 植物油粕 タンカル
他社ペレット堆肥    ○    ○      ×      ×
スーパーコンポ    ○    ×      ○      ○


2.形状







シャーレに水を張り、各20gずつ投入した。
上記のように、他社品は15分経過しても形状に変化が見られない。
その後水を抜き、形状変化を確認したが、他社品は殆ど変わらないが、スーパーコンポは泥のように柔らかくなっている。


4.考察
①他社品の原料は種類が少なく、連用期待効果は低いと考える。複数の原料で構成されるスーパーコンポは、微生物相が単純化しにくく、施用効果は高い。
原料としてなたね・米ぬかがブレンドされ、カルシウムも強化されている。
② 崩壊性でも分かるように、他社品は土に馴染みにくい。土と混和した際、瞬間的な物理性改善には効果があったように感じられると思われるが、あくまで部分的な効果と考える。
③水分含有値に大きな差があり、他社品は保管中のカビ、固結が心配される。同時に乾物量で見れば、圧倒的にスーパーコンポが多い。 

酵素でくさ~る:肥料機能性比較試験

1.肥料比較
ア)高度・水分・pH比較分析
        名称  硬度   水分   pH   ペレット直径 
他社品   2.4 15.9  5.9   4.0-4.5mm
酵素でくさ~る   6.8   3.8  6.7     3.2mm

イ)使用原料

名称 使用原料
他社品 廃菌床、米ぬか、小麦屑、食品加工残渣、牛糞敷料(おが屑・バーク・
籾殻・麦稈)、A菌
酵素でくさ~る 混合有機、植物油かす(なたね、米ぬか油かす)、過石、尿素、硫安、
枯草菌 

ウ)形状


<考察>
・両肥料ともペレット状に成型されているが、「酵素でくさ~る」の方が粒が小さい(3.2mm)。一方、「他社品」は4.0-4.5mmであり、機械散布に際しては「酵素でくさ~る」の方が利便性が高い。
・硬度においても、「酵素でくさ~る」は硬く維持されているが、「他社品」は、指で簡単に潰れ、粉化も早く、機械散布に難がある可能性がある。また、長期保存になると固結のリスクが高まる。
・上記写真は開封後4日だが、「他社品」は既に白・緑色カビが発生している。
・「他社品」は使用原料による臭気が強い。

エ)ペレット崩壊性(シャーレ試験)


<考察> 
・水の中での崩壊性は同等と思われる。
・写真で分かる通り、「他社品」の水は黒く濁っている。

3.ホウレンソウ分解試験
  目的:土壌中のホウレンソウの分解速度を比較し、機能性の確認をする。
  施肥量 :60kg/10a ※ホウレンソウ40g
  処理方法:バケツに入れた土の中にホウレンソウを無造作にちぎり、上から肥料を散布。
                その後に土と混和した。


<考察>
・温度、水分条件が整った状態であったが、「酵素でくさ~る区」は埋め込み6日間で分解しており、分解活性の高さが判断できる。
・分解具合は「酵素でくさ~る区」>「無処理区」>「他社品区」であった。

【総合考察】
・硬度、水分、粒度から見ても機械散布や長期保存、物的特性には、「酵素でくさ~る」が優れると思われる。また、含有水分差を考慮し、乾物計算すると袋当り重量は大きく差がつく。
・分解活性を見ても「酵素でくさ~る」が高い。
・その他機能についても、枯草菌(IK210)の持つ4つの機能(①分解力 ②静菌力 ③団粒形成力 ④りん溶解力) を考えれば、「酵素でくさ~る」は「他社品」よりも費用対効果が大きい。
「酵素でくさ~る」は上記4つの機能による「総合土づくり」資材と言える。