私たちについて

ごあいさつ

我々は、昭和26年の創業以来、有機質肥料の製造・販売に携わり、日本農業と共に歩んで参りました。戦後の食糧増産、高度経済成長に伴う野菜・果樹の拡大、そして米の生産過剰による減反、自由貿易拡大による輸入農産物の増大と、農業を取り巻く環境は大きく変化してきました。また、消費者サイドからは、食生活の欧米化が進むと同時に、食に対する安全、安心、健康への関心の高まりがあります。

我々は、有機質肥料の特性の解析、作物に合った専用肥料の開発を行って参りました。その研究成果として植物と土の総合栄養剤「イーストパワー」を、また、出光興産㈱との共同開発による微生物相改善肥料「酵素でくさ~る」を製品化し、全国の産地の皆様にご愛顧頂いております。
「酵素でくさ~る」は納豆菌の類縁にあたる枯草菌を含有し、有機物の分解活性が高く、生産者の皆様には、稲ワラ・麦稈(湧きの軽減)をはじめ様々な作物残渣の分解促進にも重宝頂いております。
残渣・残根は病害虫の温床と言っても過言ではありません。圃場衛生向上のためにも、残渣・残根の分解処理は大変重要なテーマです。
また、「酵素でくさ~る」施用の副次的効果として、現場では殺センチュウ剤・土壌燻蒸剤・水田除草剤等との併用による、農薬効果の安定化の事例も増えてきています(徳島県ニンジン乾腐病・神奈川県キャベツ苗立枯れ・北海道バレイショそうか病・長崎県ブロッコリー根こぶ病・鹿児島県カンショネコブセンチュウ・岡山県水田除草剤併用等)。残渣は罹病している場合が多く、残渣を早く無くすことが、病原菌の住処・基質を無くすことになり、その活性が低下したものと考えられます。また、土壌伝染性病原菌のみならず空気伝染性病原菌につきましても、その茎葉を「酵素でくさ~る」と共に土壌にすき込むことにより、病気の軽減につながった事例も出てきています(愛知県・宮崎県赤ナシ黒星病・埼玉県キュウリべと病等)。
「酵素でくさ~る」の残渣・残根の分解促進処理による圃場衛生管理で、病気の軽減のお役に立てるもの、と確信致しております。

我々は、単なる肥料・資材の提供ではなく、現場の三大問題(養分アンバランス・病害虫・雑草)の軽減・解決を目標に、土づくりの側面から、今後とも研究・開発に努めて参ります。農業の基本は土づくり。皆様方の低コスト・省力・良品・多収の実現の為、ひいては日本農業の健全な発展に寄与していきたいと願っております。

 

代表取締役社長 荻野 隆
会社名 三興株式会社
代表者 荻野 隆
所在地 〒678-1232 兵庫県赤穂郡上郡町竹万905
連絡先 Tel: (0791)52-0037  Fax: (0791)52-1816
資本金 9000万円
社員数 24名
事業内容 有機粒状肥料ペレックス・BB肥料・有機液肥・土壌改良資材・家庭園芸肥料ホビーの製造及び販売
取引実績 全国農業協同組合連合会・全農大阪府本部・全農岡山県本部・全農茨城県本部・全農石川県本部・全農神奈川県本部
ジェイカムアグリ株式会社・出光興産株式会社・住商アグリビジネス株式会社・コーナン商事株式会社・叶産業株式会社・シーアイマテックス株式会社・タキイ種苗株式会社・八江農芸株式会社